Windows10のWindowsUpdateで自動で再起動するのを停止する

Windows10になってから、WindowsUpdateでアップデートされるのは良いのだが、アップデート後に自動で再起動される。

個人的には、これが非常にやっかいで、Windowsマシン上でVirtualBox+Vagrantで何個か開発用のサーバを立てている。そのサーバがWindowsが再起動することによって落とされるのだ。

Windows10のWindowsUpdateは自動で取ってきて自動で再起動するので、どのタイミングで再起動されたかがわからず、「あれっ?サーバーに繋がらないぞ?」って事が多々発生する。

そこで、本来は再起動される前に自動でVagrantを停止するようなスクリプトを仕込みたかったんだが、それが上手くいかなかった。

代替策として、WindowsUpdate後に再起動する際にポップアップを出してOKをしない限り再起動されないように設定を変更した。

  1. 「Windowsの設定」
  2. 「更新とセキュリティ」
  3. 「WindowsUpdate」タブ
  4. 「詳細オプション」
  5. 「再起動前にはリマインダーが表示されます。再起動に関する通知数を増やすには、この設定を有効にしてください。」をON

実際に試せてはいないが、これで良いはず。多分良いはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です