Apple Lightning to SD Card Camera Reader

その名の通り、SDカードの撮影した画像ファイルをiOSデバイスに取り込む装置はわけだが、iOS12になってからRaw形式のファイルの読み込みが爆速になったという噂を聞きつけて購入してみた。

取り込み画像が爆速になったと書いたが、実際の取り込み速度はSDカードに依存するため、そこまでの変化は無い。では何が爆速になったのか。

それは、SDカードを差し込んだ後に、SDカード内の画像データ一覧がプレビュー表示されるのが爆速になったのだ。実際に違いを以下の動画で確認できる。誰がどう見ても爆速になったと思うだろう。

iOS11

iOS12

これで、撮影した画像をiPadにすぐに取り込んでLightroomCCで現像して公開って一連の流れが超スマートにこなせるわけだ。素晴らしい。

Adobe Lightroom CC for iPad – Adobe



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です