warning: setlocale: LC_CTYPE: cannot change locale (UTF-8): No such file or directory

AWSのEC2(Amazon Linux)にアクセスしたときに、出てきたので出ないようにする方法。これやらないとVimとかのエンコード設定もおかしくなってたので。

とりあえず、localeコマンドを叩いてみる。すると以下のように出る。自分は日本語化していないので、en_us系ですね。”LC_CTYPE”と”LC_ALL”がおかしいと怒られている模様。

“/etc/environment”に設定を記載した。

治った。
今思ったけどスパムみたいなタイトル付けちゃった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です