SoftbankとauにおけるiPhone5に対応したLTEの将来性を考えてみた

2012/09/16
Written by: EISUKE
Category: iPhone

NewImage

まだ僕にもiPhone5を購入する上でauとSoftbankのどちらがいいのかわからない。かなり迷っている状況です。なので、auとSoftbankのiPhone5に対応したLTEの今後の対応についてまとめてみました。

両社とも2GHzで運用するLTEですが、その対応はどうなるのかインタビュー記事をまとめてみます。

au

auでは3バンド(800MHz,1.5GHz,2GHz)を使ってLTEをサービスします。その中iPhone5に対応しているのは2GHzのみ。そんな3バンドをどう展開していくのか?

石川氏は「1.5GHz帯と800MHz帯での4G LTE開始は同時期になる。2.1GHz帯、1.5GHz帯、800MHz帯の3バンドを一気に拡大していく。今年度末には人口カバー率96%を目指したい」

と3バンドを同時に拡大していくよう。これはauのLTE構想としては悪くないがiPhone5だけに絞ると2GHzしか使えないiPhone5にとっては厳しいかも。またエリアに関しては、

「当初から政令指定都市はカバーしており、現在急速に基地局を建設している」

これも、2GHz以外の基地局を含んでの説明だろう。既存の基地局に併設していくので基地局開設はスムーズらしい。

トータルではプラチナバンドでのLTEを提供していくので、このあたりも強みになっていく

だけど、auのLTEは全体的には申し分ない構想で拡大していくプランだが2GHzだけを考えるとどうなの?って疑問があるかも。

Softbank

それに比べてSoftbankの構想の方が具体的で僕にはわかりやすかった。
SoftbankのLTEも2GHzを使ってサービスする。基本的には2GHzのみでLTEを運用する様子だ。現在Softbankの2GHzは3G回線で多く使われている。

プラチナバンドについては毎月2000局のペースで設置しており、FDD-LTE(SoftBank 4G LTE)も2000局を軽く超えているほか、「SoftBank 4G」の名称で提供するAXGPも2000局近く、毎月工事しているという。

900MHzのプラチナバンドを毎月2000局近く増設していっているSoftbank。これがLTEを拡大するキーポイントとなるはずなのだ!簡単に言うと、

1.現状2GHzの3G回線はバンバン状態。

2.900MHzの3G回線を増設して繋がる3Gへ

3.空いた2GHzの帯域をLTEへ移行

これだ!現状2GHzの基地局を無駄にせず、繋がりやすい3Gと広いエリアのLTEを実現しようとしているのが分かる。基地局が既にあるのでLTEの移行のも非常にスムーズなはずだ!

「プラチナバンドは3万局と開示したが、実はもうちょっとアグレッシブにやっている。ドコモさんのエリアを越えるぐらいにしようと考えている。(2014年には)そこに全部LTEをのせる」

プラチナバンドもau,Docomoを超える基地局を開設するプランらしい。毎月2000局のペースだと超えるのは8ヶ月〜12ヶ月ってところかな?

結論

現状の質の良く繋がるauのLTEの構想はどうもiPhone5だけに絞ってはおらず、プラチナバンドでもLTEを展開していくことに有利と感じている点は他の端末をかなり意識しているなと思う。まぁ土管屋としては正しい考え方なんだけどね。
一方Softbank。まだ完全とは全然言えないSoftbankのネットワークだがプラチナバンドを取得したことでSoftbankの考えていた全体像が完成へと着々と進んでいるのが分かる。現状ではauの回線には勝てないが、もしかすると半年後には大きく変わる可能性さえ感じる。
Softbankだってテザリングを開放する日は遠くないんじゃないかな。

で、僕が思った結論は、

  • 今を安心して使いたい人はau
  • 将来の期待をもって使いたい人はSoftbank
  • Softbankが2GHzで頑張ってきた分、2年間で大逆転してる可能性だってあるわけだしさ。

    via : まずは2.1GHz帯、iPhone 5から:2013年度中には150Mbpsまで高速化したい――KDDI石川氏が「4G LTE」の狙いを説明 – ITmedia Mobile

    via : ソフトバンク宮川氏がLTEに言及、iPhone 5の販売数がLTEを加速 – ケータイ Watch


    Back To Top