iPhone5をauとSoftbankどちらで契約するかの選択のポイントを解説します2

2012/09/14
Written by: EISUKE
Category: iPhone

NewImage
さて、iPhone5が正式に発表されました。そこで、前回の記事「次期iPhoneをauとSoftbankのどっちで契約するかの選択のポイントを解説します」でポイントとして紹介したLTEの対応周波数が見えてきました。
そして、Do◯o◯oの元で移動体通信の研究をしている僕(全然だけど・・・)がどっちのキャリアがいいのか考察してみました。周波数の対応は繋がりやすさに関わるので、とても重要視して見て欲しいです。

今回発表されたiPhone5は3つのモデルがあることがわかりました。簡単に、アメリカ・au・Softbankの3つに対応するモデルです。この中のauとSoftbankのモデルは高速通信のLTEのBand1という2GHzの周波数に対応しています。
NewImage

au,SoftbankのLTEの対応状況

さて、LTEのBand1に対応した両キャリアのLTEの対応状況を見ていきます。(基地局数)

全国の基地局 関東の基地局
au 3,500 2,200
Softbank 9,300 2,900

via : 携帯・PHS関連@Wiki – 携帯電話基地局免許数(平成24年8月4日現在)

8月4日のLTEの対応状況ですが、Softbankが基地局数で大きくリードしています。関東に絞ると大差はないですね。地方の人はリンクから確認できます。
KDDIが「4G LTE」開始を前倒し、全国へ急速展開で実人口カバーは約96%に | BUZZAP!(バザップ!)
上記の記事にてauはLTEサービスインから90%以上の人口カバー率を占めるとしていますが、注意してほしいのが2GHz帯だけでなく800MHz帯も含んで90%以上という事。2000MHzでは90%どころか50%もカバー出来ていないのでないでしょうか?(個人的な意見)
また、この96%を謳い文句にauのiPhoneを売るSHOPが増えそうで怖いですね・・・。
まず、LTEに関してはSoftbankが優位に感じます。

忘れちゃいけない3G

LTEの搭載によって高速通信ばかり注目を浴びていますが、メーンになるのは変わらず3Gです。

全国の基地局 関東の基地局
au 800MHz 34,000 9,000
au 2000MHz 14,500 6,800
Softbank 900MHz 15,000 3,000
Softbank 2000MHz 76,500 20,000

via : 携帯・PHS関連@Wiki – 携帯電話基地局免許数(平成24年8月4日現在)

これを見ると、全体の基地局数ではSoftbankが先行しているが、繋がりやすい低い周波数(プラチナバンド)ではauが先行しているのが解る。こればっかりは実際に体感してみないと快適の差は分からないだろう。
auの800MHzが多いことでSoftbnakより繋がり易いのは確かだとおもわれる。
3Gに関してはやっぱり800Mhzが多いauに軍配かな?

au,Softbankの3G通信技術について

auの場合、3Gの技術である「WIN HIGH SPEED」に対応すると言われている。これは下り最大9.2Mbps、上り最大5.2Mbpsの通信が可能な技術であり3Gでも今までよりも高速に通信が可能になる可能性があるのだ。
au版iPhone 5はテザリング解放、LTEに加え「WIN HIGH SPEED」にも対応との情報 – bizmash!:@nifty
一方、Softbankの場合は2012年7月から始まった「900MHz帯のHSPA+」に対応するのでは無いかと思っている。(個人的にね)これは下り最大21Mbps、上り最大11.5Mbpsの通信が可能な技術。まだ900MHz帯の基地局が少ないが是非来て欲しい。
エリアと速度を考えると両者ゆずらず。

auはテザリング解禁!?

どうやらauはテザリングを解禁するみたいです。Wimaxでのテザリングは使えてたのに加えてLTEでのテザリングもサポートするみたいですね。これはLTEのエリア内だけかは定かではないですが、Softbankが口を塞ぐ中auは頑張ったと思います。
au版iPhone 5にテザリングがキターーー!!
iPhone 5で使えるかもしれない「テザリング」って何? – iPhoneアプリのAppBank
これだけでauに以降する人多いかも!!

両社強気の料金プラン

とうとう、両キャリアのLTEの通信料金について明らかになりました。
KDDI、LTE定額5985円 21日 iPhone5発売 :日本経済新聞
ソフトバンク戦略転換の節目か LTE「月額5985円」宣言|inside Enterprise|ダイヤモンド・オンライン
両社5980円という定額料金です。これはDocomoが値下げに踏み切ったのに大して若干残念ですね。しかしauの田中社長言わく「キャンペーン価格を設定して利用しやすくする」という事なので期待したいと思います。
料金に関しては両社ゆずらず。テザリングでauがお得!?

総括

いろいろ書きましたが、電波に関しては体感なので実際に使ってみないと分からない点が多々あるので、基地局が多いからどっちが良いとは言えません。数値は参考までにしてください。
僕が考察した感想は、「今回のiPhone5はauに流れる人が多い気がする」です。テザリング解禁や繋がりやすさを求める人が多いことは間違いないでしょう。逆にSoftbankはスピード重視な感じもしなくないですね。繋がらなきゃ意味ないけどね。

ん〜、どっちで買うか悩むな〜。最近au頑張ってるからなぁw


Back To Top