次期iPhoneをauとSoftbankのどっちで契約するかの選択のポイントを解説します

2012/09/11
Written by: EISUKE
Category: iPhone

NewImage

13日の午前2時から次期iPhoneが発表されるとされていますが、次期iPhoneが出た時に気になるのがLTEの対応です。
もし、日本のキャリアでLTEに対応する場合、auとSoftbankでどちらのキャリアで契約するのが良いのかが気になりますよね。その選択のポイントを解説したいと思います。

次期iPhoneの大目玉は何と言ってもLTEの高速通信です。そこで両キャリアのLTEへの対応がポイントになってきます。
「iPhone 5」は世界各国のLTEネットワークに対応予定!ソフトバンクとauはどうなる?! | gori.me

周波数の問題

iPhoneがLTEに対応してキャリアがLTEのサービスを開始したからと言って、LTEが使えるわけではありません。無線通信では各キャリアで使用する周波数が決められています。これが次期iPhoneに対応する周波数ではないとLTEは使えません。

auで使われる周波数

auでは、まだLTEのサービスは開始していませんが、年末のサービスインを前倒ししてLTEを導入する予定です。
auが高速通信「4G LTE」を前倒しで開始することを発表 – GIGAZINE
おそらくiPhoneの販売に合わせていると思われます。また、auでは800MHz(13512)1500MHz(2382)2000MHz(3468)の周波数がLTEで使われます。*()内は8月時点での基地局数

Softbankで使われる周波数

Softbankも年末のLTEの導入を発表しています。Softbankでは以前取得したプラチナバンドの900MHz2000MHz(9304)の周波数でサービスする予定です。しかし900MHzでのLTEは2014年より開始する予定。*()内は8月時点での基地局数

新たに取得した900MHz帯(バンド8)については2014年7月より利用可能となる残りの10MHz幅×2を使いLTEサービスを開始する予定。

via : Long Term Evolution – Wikipedia

と言うことは、両キャリアで対応している周波数は2000MHzとなります。2000MHzだけの基地局数で考えるとSoftbankが優位になってくるでしょうか?しかし、次期iPhoneが800MHzなどの低いバンドの周波数に対応した場合800MHzの基地局を多く持つauのほうが優位になります。auはLTEサービス開始時から広い人口カバー率で開始することを目指しています。
結局は、どの周波数が対応されるのかは次期iPhoneが発表されるまではわかりませんね。また、世界各国で使われているLTEの周波数は国ごとに結構違っているので日本での周波数に対応しない可能性だって少なくありません。
導入近づくLTEに,ささやかれる「周波数問題」 – 日経エレクトロニクス – Tech-On!

人口カバー率

先ほども、少し前述した通り人口カバー率は基地局数に比例します。2000MHzの基地局数だけで見るとSoftbankが優位で、800MHzを含むとauが大きく優位になります。また800MHzなどの低い周波数は広いカバーエリアのため800MHzに対応することになれば、かなりの人口カバー率になることが可能です。
NewImage
しかし、iPad3rdのLTEの対応周波数を確認すると2000MHzと700MHzとなっているため、800Mhzに対応する可能性は低いかもしれないというのが予想です。

料金体系

また、LTEの料金体系大きく問題になりますよね。高い料金を払ってまでLTEを使いたいかと言われると、一般的にはそうでは無いというのが現実でしょう。
auはLTEの料金体系を公式には発表していませんが、現状のパケット定額プランであるISフラット(月額5460円)と同じか高くなるのが予想される。またSoftbankに関しては孫社長が月額5980円という高めの料金体系で提供すると発表している。
LTEパケット料金で低価格競争と距離を置いたソフトバンクの深慮遠謀 (サーチナ) – Yahoo!ニュース
Docomoが3GBまで4980円というプランを10月からサービスする一方、両者の料金体系の高さが目立つかもしれないが、2年契約やMNPなどの割引サービスで少しでも低い維持費を実現してほしいところだ。

総括

結局のところ、iPhoneが実際に発表され各キャリアのLTEの導入の公表、料金体系が発表されないとau,Softbankどちらが良いのかは現時点では言い切れない。
そして、次期iPhoneと各キャリアの発表の注目ポイントとなるのが、

  • iPhoneのLTEの対応周波数→800MHz2000MHzだったらau優位、900MHz,2000MHzだったらSBが優位か?
  • 各キャリアのLTEの導入次期・カバーエリア・料金体系など
  • これらのポイントを抑えつつ、13日のiPhoneの発表と各キャリアの発表を迎えたいと思う。


    Back To Top