LTEに対応した次期iPhoneのLTEを「オン・オフ」する方法

2012/09/08
Written by: EISUKE
Category: iPhone

NewImage
来週には次期iPhoneがが表されると言われている。さらに次期iPhoneは3.9Gとして知られる高速通信であるLTE(LongTermEvolution)に対応すると言われている。
そんな中、気になるのがLTEに対応した時のバッテリーの持ちである。

「iPhone 5」は世界各国のLTEネットワークに対応予定!ソフトバンクとauはどうなる?! | gori.me
現在のiPhone4Sのバッテリーは1430mAhで次期iPhoneのバッテリーは1440mAhと噂されている。Wifiなどの待機電力消費量などが減ったからと言ってバッテリーが10mAhしか増えないのでは、LTEの電力消費には耐えられない気もする。
iPhone5は無線LANを大幅強化 低消費電力、AirDropなど | ガジェット速報
日本では、SoftBank,auも既存のサービスでは次期iPhoneのLTEに対応していないはずなので、あまり問題はないだろうが、サービスインした時にはエリアが広くなく3GとLTEの切り替えでのセルサーチ電池消費量が非常に激しくなることが予想される。
そこでLTEをON/OFFする方法を紹介する。

iOSのLTEをON・OFFする方法

設定はいたって簡単で、設定からデータ通信の項目の「enable LTE(日本語訳不明)」でON・OFFに出来る。
NewImage
これは、iPad3rdの仕様なので若干の変更はあるかもしれない。(iOS6でも)
しかし、LTEのON・OFFが端末操作で切り替えが出来る事によりバッテリー消費量を抑える事が出来るはずだ!


Back To Top