毎月のアプリの収入から3,000円を募金することにしました。

2014/08/31
Written by: EISUKE
Category: Blog

NewImage

どーも、えいすけです。今日、親知らずを抜いてきました。抜歯は初めてで痛くは無かったのですが、抜歯後に麻酔が切れてからが辛いです。

こんな感じで、体調が悪くなったらすぐに病院へ行けるのが日本という国ですが、発展途上国などではそうはいかないのでしょうね。正直、よく知らないし、よく知ろうとも思っていません。しかし、そういった環境で生活している人たちが居ることは知っている。

NewImage

特に今、シリア紛争で難民が過去最高の300万人を超えたそうです。そんな環境で生活している人たちに比べると自分がいかに幸せな環境にいるか。

そんな自分が普通に生活するなかで、できる事は募金くらいしか無いと思い、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に毎月3000円を募金することにしました。

国連難民高等弁務官事務所
United Nations High Commissioner for Refugees

人道的見地から紛争や迫害によって故郷を追われた世界の難民の保護と難民問題の解決へ向けた国際的な活動を先導、調整する任務を負っています。

数千万人以上の生活の再建を支援し、現在は約7685人の職員が世界約125か国で3390万人の支援に従事しています。

UNHCR 国連難民高等弁務官事務所

この3000円は、皆さんが使ってくださっている僕のアプリの収入から募金することにします。皆さんはお金を払わず、僕自身も損をしているわけではない?のでWin-Winの関係で募金をすることが出来るということで決心しました。

先日、アイスバケツチャンレンジというALS支援の試みが流行りましたが、正直冷たい目で見ていまいた。それは、最初にそれをやっている人(友人数十名)を見た時に、本当にALSの事については全く触れず、さらにはアイスウォーターチャレンジと名前まで間違え、「冷てぇー、うひょー」みたいに楽しんでるだけでした。なので最初は本当に、ただ氷水を被るだけの度胸試しかとも思っていました。

実際に、募金した方もいるのかもしれないですが、僕にとっては治るかわからない病気にお金を注ぐよりも(これも大事だけど)今、難民で飢餓に苦しんでいる人たちが何百万人もいる状態の人たちを救うほうが優先されるべき事だと思い、UNHCRに募金します。

アプリの収入が本当に0円になった場合には、中止する場合がありますが、将来的に増える場合には募金額も増やそうとも思っています。以上、皆さんが広告をクリックしていただいたおかげで入ってきたお金で難民支援の募金を始めましたというお知らせ(宣言)でした。


Back To Top