AirPlayを使ってiOSの音声をMacに繋いでるスピーカーで出力する方法

2014/08/24
Written by: EISUKE
Category: iPhone , Mac

自分の作ったアプリであるMusicLoverで音楽を聞くことがある場合、どうしてもiPhoneなのでBluetoothスピーカーに繋げるかヘッドホンで聞くことが多くなってしまいます。

しかし、自分のiMacにはJBLのCreatureというスピーカーを接続しており結構お気に入りなもので、出来ればコレで聞きたいと思ったので、環境を作ってみました。使用するのはAirMac ExpressのAirPlayを使います。

環境図

ariplay

大体こんな感じ。iPhoneで再生している音声をAirPlayでAirMacExpressに飛ばして、ラインアウトでiMacのマイク端子に繋げる。そのまま音声をスピーカーに出力するという方針。

ただ、普通にやったら問題があって、自分の持っているiMacではマイク端子から入ってきた音声をそのままパススルーで出力出来なかった。(Audio MiDi 設定)

オーディオ装置

LineIn

Line In

なので、ライン入力をそのまま出力できるアプリである「LineIn」というアプリを導入。真ん中の「Pass Thru」を選択すると問題なくiPhoneで再生している音声がスピーカーから聞こえてきました。

LineIn

今まで、MusicLoverをスピーカーから聞くときにBluetoothスピーカーを立ち上げるのが面倒だったので、これさえあればAirPlay音にするだけだから簡単だね。

MusicLover 〜最強の完全無料音楽アプリ〜
価格:無料
ミュージック, ライフスタイル

Back To Top