docomoからiPhoneが出た場合の疑問点について述べてみようと思う。

2013/09/06
Written by: EISUKE
Category: Blog

20111201 01 iphone5docomo

日経、朝日と各メディアがNTTdocomoがiPhoneの販売を開始すると伝えていますが、docomoがiPhoneを出す前提で疑問点がいくつかあるので考えてみた。

2TOP宣言後の全トップ

現在のdocomoのスマートフォン戦略としてGalaxyとXperiaの2TOPを大きく掲げています。これによって、NECやPanasonicがスマートフォン事業の撤退を余儀なくされている状況を作り出し、日本メーカーを苦しめました。

一転して、「秋からは全トップもありえる」宣言。これは秋からはiPhoneを出すという前提があったとも思えます。

各社競争が深まることはいいと思うのですが、日本メーカーにとってはdocomoが最後の砦のようになっていたので、docomoがブレまくっているせいで日本メーカーは大きな損害を被ってしまったような気がしてしょうがない。

MMSには対応しない

現状のdocomoはメールサービスにSPモードメールを採用しており、docomo独自の仕様になっている。iPhoneではMMSが利用出来る。しかしdocomoはMMSを採用しないだろう。

では、どのようにしてメールを行うのか?

ドコモメール

Cloud docomo mail img 01 01

昨年から3度に渡る延期でユーザーの怒りを買っている「ドコモメール」というものがある。

ドコモメール | サービス・機能 | NTTドコモ

これは、クラウドでメールを管理するシステムでPCやタブレットからでもメール送受信が出来る。このサービスのiOSアプリを用意すればMMSの代わりになることは出来る。

10月下旬に延期したのはiPhone導入も考えての事だったのか?

SMSとiMessage

一方で、SMSやiMessageはiPhone標準アプリを使うことになるはず。これが一番の疑問点でありユーザーにとってはかなり使いにくいiPhoneの出来上がりになってしまうわけだ。

TizenOSは?

docomoは土管屋としてでは無く、サービス業者として展開していきたいようで、今秋にはTizenOSを搭載したSamsung製のスマートフォンを投入するとも言われていた。

ドコモの希望「Tizen」開発停止か、中核のSamsungがAndroidベースの新プロジェクトに(BUZZAP!) – IT – livedoor ニュース

TizenはAndroidより柔軟にOSに事業者独自のサービスを組み込むことが出来るためdocomoにとってはとっても嬉しい(ユーザーにとってはうざったい)OSなんだ。

1年以上前からTizenの話は盛り上がっていたのだが、ここに来て制約の強いAppleのiPhoneも導入してくる意味がわからない。

ただのユーザーの一時確保としか考えていないのでないだろうか。どちらにせよdocomoが正式にiPhoneの取り扱いを宣言しても、正直「微妙な印象」しか出てこないのではないかと思っている。

発表会では、いい意味でdocomoには裏切って欲しい。「ぎゃふん!」と言わせてくれdocomo!!


Back To Top