Macのリモートディスク共有で快適にDVDやBlu-rayは視聴することは出来るのか試す。

2013/03/05
Written by: EISUKE
Category: Mac

NewImage

MacBookAirにはドライブが付いていません。かと言ってDVDやBlu-rayを見たくてもドライブを付けるのは面倒。

そこで、僕みたいなiMacなどを持っている方にオススメなのがリモートディスクでドライブを共有する方法。どんな感じになるのか実際に、使ってみました。

リモートディスクの設定

共有したいMacにて、システム環境設定→共有→DVDまたはCD共有にチェックマークを入れます。またWindows環境の方は、以下のサイトからソフトをダウンロード・インストールする必要があります。

DVD または CD 共有設定 1.0

これは、iMacに内蔵しているドライブだけでなく、外付けのドライブも共有できる点が優れています。

環境

  • 共有元: iMac 2011early
  • 共有先: MacBookAir 2012early
  • 無線LANルータ: AirMacExpress
  • ドライブ: IODATA BRD-U8S
  • 共有ドライブからDVDを見てみる

    ドライブがセットされたらFinderにセットされたディスクネームが表示されます。

    NewImage

    ただ、Mac標準のDVDプレイヤーでは再生出来ない事に注意してください。これを回避するためにはフリーソフトであるVLC Media Playerや、Mac Media Playerなどを使う必要があります。

    個人的にオススメなのが、有料ですが後述するBlu-rayも再生可能なMac Blu-ray Playerです。

    表示されたら、さっそくMac Media Playerで視聴してみました。はい。全く問題無いです。他の動作をするとたまーに読み込みに突っかかりが出る事がありますが、普通に視聴する分には問題ありません。

    参考までにDVDのビットレートは10Mbps程度らしいです。

    共有ドライブからBlu-rayを見てみる

    Blu-rayはDVDに比べてビットレートが高いため、視聴するのはむすがしい?かと思いきや、なかなか頑張ってくれて視聴できました!視聴ソフトには前述したMac Blu-ray Playerを用いました。

    もちろん、音声の切り替え、字幕の切り替えも可能です。ワイヤレスなので、先送りなどに少し時間が掛かりますが、問題なく視聴できる感じです。

    MacBookAirに直接ドライブを繋がなくても、こういった形でDVD,Blu-rayが視聴できるのは嬉しいですね。

    Mac Blu-ray Player


    Back To Top